岩渕龍正公式ブログ

2013/09/24
売上目標は立てちゃいけないの?

皆さん、こんにちは!

中小企業専門経営コンサルタントの岩渕龍正です。

『売上目標は立てるな!』。

このようなタイトルの本を出版すると、すぐに「それって売上目標なんじゃないですか?」とか「売上目標は立てちゃいけないんじゃないんですか?」という人がいます。

本の内容を読んでいただければ分かりますが、売上目標を立てることそのものがいけないわけではありません。もちろん、立ててもいいのです。

しかし、売上目標、予算、ノルマを設定し、それを達成したらご褒美を上げ、達成しなかったら罰を与える。そして、一言目には「お前、今月いくらだ?」「おまえ、今月、このままだと未達だろ!どうすんだ!」とプレッシャーをかけ続ける。

全ての基準は売上目標、予算、ノルマを達せしたか否か。

それでは社員のやる気は出ませんよということです。

ですから、会社として売上目標を設定し、それをクリアしたら全員に報奨金を多少、支給するぐらいは短期的モチベーションとして全然、やったほうがいいことなのです。

ただ、会社が売上目標を設定しなくても、個人個人が自分で売上目標を立てて、それに向かってどうしたら達成できるかを自分で考えるような会社にしていくことが大切だというのがこの本で言いたかったことなのです。

是非、誤解のないようにお願いします。

月別アーカイブ