岩渕龍正公式ブログ

2013/11/04
中小企業のオーナー社長で愛人を持たずに済んでいる人は10人中1人いればいいほう!?

皆さん、こんにちは。中小企業専門経営コンサルタントの岩渕龍正です。

今日も張り切って行きましょう!

今回も拙著『売上目標は立てるな!』のAmazonレビューについて、私の考えを書いてみたいと思います。

読者の皆様から直接、いただく感想はどうしてもいいものが多くなってしまうので、Amazonレビューで見る意見は「そういう考え方もあるかー」と、とても参考になります。

(ここからAmazonレビュー)

全体的にちょっときれいごとが多いような印象もある。例えば、最後の章では夫婦経営の利点について力説するとともに「社長は愛人を持つな」等と説いているが、実際問題として、中小企業のオーナー社長で愛人を持たずに済んでいる人は10人中1人いればいいほうではないかと思う。

(ここまで)

 

私自身、中小企業専門経営コンサルタントをしていますが、愛人を持たずに済んでいる人は10人中1人いればいいほうなんですね。

 

そこまでとは知りませんでした。

もしかしたら、それが現実なのかもしれませんね。

 

でも、だからこそ、10年後には中小企業は約26%程度しか生き残れないのではないでしょうか(中小企業白書 2006年版より)。

 

キレイごとというよりも、「やったほうがいいことはやる」「やらないほうがいいことはやらない」これを当たり前にできない中小企業は資本力もブランド力も採用力ないのですから、生き残ることはできません。

 

何か必殺技があるのであればいいのですが、世の中で言われてるような必殺技は私のコンサル経験からはないと断言できます。

 

愛人がいる社長から「お客様のために誠実な対応を心がけよう」といくら言われても、誰も響かないのではないでしょうか?それに、中小企業の場合、社長に愛人がいることぐらい、すぐに広まってしまいます。

 

そういうことから、人の心は離れていくのです。

そういうことを大切にできない中小企業は生き残れない。だから、重要なのです。

 

まだ、拙著『売上目標は立てるな!』をお読みでない方はAmazonからお申込下さい。まだ、ご自分だけが読んで、奥様、管理職に読んでもらってない方は是非、1人1冊渡して読んでもらうことをオススメします。

 

『売上目標は立てるな!-20人までの組織をまとめるリアルマネジメント-』
 岩渕龍正【著】阪急コミュニケーションズ

既に読まれた方は、ブログ・フェイスブックに感想をアップしていただけるとうれしいです。

今日も「気づきと豊かさを与える男日本一」で行きます!お願いします!!  

月別アーカイブ