岩渕龍正公式ブログ

2013/12/02
中小企業経営と公私混同

皆さん、こんにちは。中小企業専門経営コンサルタントの岩渕龍正です。

今日も張り切って行きましょう!

私のクライアントも含めて、多くの中小企業では公私混同がなされています。

例えば・・・

子供の学校に関することを社員にお願いする

家の用事を社員にやってもらう

などなど、様々なことがあります。

もちろん、経理的なこともあると思います。

経営者にとっては公私混同も何も、全てが仕事ですから、全てが必要なことだと思う気持ちはよく分かります。

しかし、会社を大きくしたいのであれば、会社を自分が抜けても大丈夫な組織にしたいのであれば、公私混同は減らして行った方が良いと私は思います。

クライアントのスタッフと面談していても、家の用事を頼まれたと不満を漏らすケースがよく見られます。また、そのような話はスタッフ内にすぐに広がります。すると、「ひどい!」となってしまうのです。

もしかしたら、そういう用事さえも、お願いしなければならないほど、忙しいのかもしれません。しかし、そのような事情はなかなか、考慮してもらえません。

そんなことで、スタッフとの信頼関係が崩れてしまうのであれば、誰か外部の人にお金を払ってでも、やってもらったほうが長期的に見ると良いと思います。

中小企業で、社長への依存度が高ければ高いほど、公私混同の度合いが大きくなりやすいので気をつけてください。

月別アーカイブ