岩渕龍正公式ブログ

2013/12/16
社長の愛人

皆さん、こんにちは!中小企業専門経営コンサルタントの岩渕龍正です。
今日も張り切って行きましょう!

私のホームページのアクセス解析を見ると、面白いことに「社長の愛人」というキーワードからのアクセスが多かったので、「社長の愛人」についてお伝えしたいと思います。

「社長の愛人」

男なら、自分が社長になって愛人を作る。
そういう夢や願望を持つのは当たり前のことなのかも知れません。

しかし、それがもたらす被害はかなり大きい。
ということを経営者自身はあまり認識していません。

もちろん、愛人がいることが発覚すれば妻からの信頼は地に堕ちます。それだけなら、最悪、離婚して好き勝手できると思うかもしれません。

しかし、実際に、数多くのセミナーに参加すると、それだけでは済まないのです。社長の子供に対する影響が大きいのです。

母親が悲しむ姿、両親が喧嘩する姿、自分が捨てられたというトラウマ、自分が愛されてないというトラウマ

これらを抱えながら悩み、苦しむ経営者の子供が多いのです。
もし、父親である経営者が愛人を作っていなかったら・・・
愛人を作るのではなく、夫婦で共に苦労を乗り越える姿を見ていたら・・・

必ずや、経営者の子供の人生は変わっていたと思うのです。
じゃあ、そんな偉そうなことを言っておきながら、お前は愛人を作らないんだな!といわれれば、世の中に絶対はありませんので、絶対とはいえません。

しかし、私は経営者である父親が愛人を作ることによって、その子供が苦しむ姿を見てきています。

愛人を作る前に、子供がいる経営者は自分の子供への影響を考えてからにしてください。そして、そのような苦しみを抱えた子供は一生、父親を許すことができないかもしれません。

子供との断絶をも覚悟して愛人を作ることをオススメします。

そして、そのような苦しむ子供、経営者を作らないためにも、私は夫婦経営をオススメしています。

月別アーカイブ