岩渕龍正公式ブログ

2014/04/21
仕事観が医院理念、「3つのため」と真逆のスタッフがいて辞めさせたいのだが正直悩んでいる

さん、こんにちは。中小企業専門経営コンサルタントの岩渕龍正です。
今日も張り切って、行きましょう!

今日は皆様から、いただきました質問にお答えしたいと思います。

-------------------------相談内容--------------------------------------

仕事観が医院理念、「3つのため」と真逆のスタッフがいて辞めさせたいのだが正直悩んでいる。テクニカルスキルはあるので彼女がいないと、診療が滞ってしまう。

しかし他のスタッフへの影響を考えると一時的に大変になっても長期的にみたら退職させた方がいいのか。また辞めさせるにあたり納得させる理由をどのように話したらいいのか考えると頭痛がする。

------------------------------岩渕の回答------------------------------------

これは意外によくある問題です。

結論から申し上げると、辞めさせたほうが良いと思うぐらいの状況なので、辞めてもらった方が良いと思います。

ただ、今の状態では診療が回らないわけなので、そこを解決しないといけません。先ずは、採用を行い、マイナススタッフが辞めたとしても診療が回るような状況を作ったほうがいいかと思います。

その間、マイナススタッフはいるので、辛い時期が続きますが、そこを怒らずに耐え忍ばない限り、そのマイナススタッフの影響が新しいスタッフ、既存のスタッフにも出てしまいますので注意が必要です。

また、辞めてもらうにはどうすればいいかですが、マイナススタッフですので様々な問題があると思います。その問題をメモ程度でいいので記録しておいて下さい。

それを新人スタッフが育ち、そのマイナススタッフが辞めたとしても、他のスタッフが辞めないように信頼関係を構築した上で、直接、本人に伝えてください。

「こういう問題行動があるのは困ります。改善をしてもらわないと厳しい。できれば、あと2ヵ月後までに改善してほしい」

と改善を求めます。

改善されれば、問題解決ですから、いいですし、改善されてなければ、再度、同じような話し合いを設けて、改善されるまで話していくのが良いかと思います。

上記のような感じで、取組んでみてください。

頑張っていきましょう!

月別アーカイブ